シュタイナーの幼児教育

シュタイナーの幼児教育とは、神秘思想家のルドルフ・シュタイナーの人智学に基づく教育思想、実践方法をさします。俗に「シュタイナー教育」とも呼ばれます。
シュタイナーの幼児教育は、ある意味、現代の幼児の英才教育と逆行しているともいえます。現代の幼児教育は、いかに早く子供の能力を開発するかということに重きをおき、小学校入学前から、文字はもちろん、英語や算数まで教え込もうとする傾向が見られます。
シュタイナー教育においては、人間の成長を7年ごとに区分し、7歳までを第1七年期、14歳までを第2七年期、21歳までを第3七年期とします。第1七年期においては意志の成長、第2七年期においては感情の成長、第3七年期においては思考の成長時期と位置づけます。
シュタイナー教育は、この区分にあった教育を子供に施すべきで、その成長期以前に次段階のものを提供してはならないという確固たる姿勢をもっています。
シュタイナーの幼児教育は、第1七年期における教育にあたり、「意志の成長」を育む時期となります。

教育思想、教育理論、教育実践

シュタイナーの幼児教育は、ルドルフ・シュタイナーが提唱している教育思想、教育理論、教育実践です。
シュタイナーの幼児教育は、子供にいろいろと詰め込むことが「教育」なのではなく、子供がのびのびと成長していく過程にあわせた教育をしていこうという姿勢のものともいえます。
シュタイナーの(幼児)教育は、21歳までを7年区分で3つに分けて、意志の成長、感情の成長、知性の成長と区分しています。その「意志の成長」の前には、当然体作り、子供がまず健康で元気に成長していくことが前提とされます。
シュタイナーの幼児教育のこの区分と順番は、非常に的を得ているといえます。親の子に対する評価は「知性」の部分で見てしまいがちです。しかし、本当に人生をしっかりと生き抜いていくのに不可欠なのは、「知性」だけではありません。決めたことをやり通す「意志」や、自分や他人の気持ちを理解する「感情」が未熟だと、生きていくのに大変苦労するものです。
先に「知性」が成長してしまうと「意志」や「感情」は育たなくなるともいわれています。シュタイナーの幼児教育は、この順番に立っているという点では、実にうがったもの、現実的なものといえるでしょう。

スポンサードリンク